香酢

●初めてのお客様
●店長のごあいさつ
●こうず屋のこだわり
●よくある質問
●商品の説明
●特定商取引法
●個人情報の取り扱い
●お店紹介

香酢

●ご注文の流れ
●ご注文のページへ
●FAXでのご注文はこちら
●返品交換について

●お客様の感想

●店長のブログ

香酢とは
●ラフィノースとは
●ビートファイバーとは
●クエン酸とは
●アミノ酸とは

クエン酸とは
ストレスの多い現代人は
身体の中のクエン酸が不足?!


●現代人はなぜ疲れているのか?

某テレビ番組では、調査した8割以上の方が運動もしていないのに疲労を感じていることが判明!その原因は、食生活の乱れと思われてきました。

 しかし、本当の問題は食生活ではなく、体内で起こっていたのです。
 その鍵を握るのがクエン酸でした!クエン酸は、TCA回路の中で働く有機酸の1つで、身体のエネルギーを生み出すためには、欠かせないものです。

 実は、クエン酸はエネルギーを生み出す過程で体内で作られるんです。
しかし、激しい運動をすれば、体内のクエン酸は減っていきます。
だからこそ、スポーツ選手はクエン酸摂取を心がけているのです。

 このクエン酸不足が現代人の疲労の大きな原因だったのです!

●体内のクエン酸はなぜ不足するのか?

エネルギーを産生するためには、
●まず食事として炭水化物を口から摂取する所から始まります。
●摂取された炭水化物はブドウ糖に分解され、身体に吸収されます。
●血管に入ったブドウ糖が向かうのは肝臓。
●肝臓へ到達したブドウ糖は一旦エネルギー源として貯蔵。
●出番となったブドウ糖は再び血管を通り、身体の隅々の細胞へ。
●細胞に入ったブドウ糖は酵素の力によってピルビン酸に分解される。
●更に別の酵素によってアセチルCoAへと分解される。
●こうして生まれたアセチルCoAが向かうのはTCA回路という
 エネルギー産生回路。
●TCA回路に入ったアセチルCoAは有機酸と結合、
 そこに酵素の力が加わってクエン酸の誕生となります。
TCA回路の中で生まれたクエン酸は、次々に変化を繰り返す。
●この変化の過程でエネルギーが生まれる。


●酸素不足からクエン酸が不足?

●細胞内で酸素が不足している状態、これが意味するものは?
●TCA回路が機能する為には酸素が必要です。
●TCA回路を回している酸素が不足するとTCA回路は停止。
●クエン酸は生まれなくなり、当然エネルギーも産生されなくなってしまう。
●TCA回路が酸素不足によって動いていない場合、
 ピルビン酸から疲労物質である大量の乳酸が発生!
●発生した乳酸は次々に細胞内にたまっていく。
●乳酸がたまれば、身体は酸性に偏り始め、
 我々の身体に疲労という形で表れるの。

●酸素不足の原因は…?

●我々の身体をコントロールする自律神経には、交感神経と
 副交感神経の2つがあり、普段はバランスを保ち機能しています。
 しかし、ストレスを受ける事で交感神経が優位になります。
●血管が収縮し、その為血流が悪くなり、
 身体中に酸素が行き届かなくなってしまいます。
●つまり、ストレスが原因で『酸素欠乏』が起きるのです。
※我々が生活する上で普段は筋肉がポンプの役目をして血液を
 全身に送りだしています。それが身体を動かさない事で、
 筋肉も動かなくなり、血流が悪くなります。
 酸素を運ぶ役目をする血液が悪くなれば酸素が体内に行き渡らない。
 つまり、身体を動かさない事が酸素欠乏の原因となるのです!

●酸素欠乏には更に重大な原因が…?


●「サーカディアンリズム」これは人類誕生以来、身体に刻み込まれた
 生体リズム。人間は日が昇ると起きて活動。陽が沈むと寝て休息という
 リズムが身体に刻み込まれているのです。
●このサーカディアンリズムが乱されると、交感神経が優位になり
 血管が収縮。それにより身体に酸素が行き届かなくなり、
 酸素欠乏が起こっていたのです。

●不足したクエン酸は、外からの摂取で補う。

●クエン酸のキレート作用とは…?

クエン酸には、他にも驚きの働きがあることが分かっています。
●簡単にいうとキレート作用とは、クエン酸がミネラルを包み込み、
 身体に吸収されやすい形に変えること。
 たとえば、鉄の吸収を見ると、ひじきのみを食べても、少し増える程度
 ですが、クエン酸を一緒に摂取した場合には大幅にアップします。

●ミネラルはクエン酸と一緒に摂取すると
 吸収率がアップする!


トップページご注文商品説明

Copyright(c)2004  こうず屋   All Rights Reserved.